リハビリテーションでの運動

sample リハビリテーション行う身体に関してや精神機能といった改善を作業療法士は行っていきます。作業療法というものは、精神料についての治療を行っているものでしたが精神的なものだけではなく、身体への改善策としても使われるようになりました。リハビリで行われる運動は、精神治療で行うものを応用した形のものになります。リハビリの主になるものは、陶芸や木工そして手芸やゲーム、スポーツなどさまざまなものが取り入られています。 これらのようにほとんどが、作業と言われる動作になりそのため作業療法と言う言い方をしています。また、言語障害に関してもリハビリテーションでの運動に関しては同じようなことをおこないます。周りの状況や発せられる声は聞こえても、実際口から言葉になって出てこない言語障害に関しては、発声の練習などを行います。これも作業療法士が行うところもあります。リハビリテーションでの運動は、作業が主になりますが少しずつ積み重ねていくことで、改善されていきます。 基本的にはリハビリは完全な状態へと近づけることであって、最終的に元に戻すといった目的で行われているものではありません。もとに戻るといった考えとは違いますが、できるだけ近づけるという目的のもとで行うものです。

メインメニュー