リハビリテーションでの治療期間

sample 作業療法士がいるリハビリテーションで行うリハビリですが、できるだけ早く取り掛かる方が効果が出やすいと言われています。リハビリを始めていく、およそ半年ほど集中して行うことで、さらに効果がでるものとされています。半年を過ぎたあたりからは、その効果の出方は緩やかになってきます。リハビリを行う期間としての目安になるのは、半年間ということになります。しかし怪我の状態や、治療の進み方によってはその期間にも違いが出てきますし、患部によっても違います。 脳に障害を追ってしまった場合には、100日を超えるリハビリを行う必要がある場合もありますし、脱臼や骨折といった外傷に関してはおよそ90日間ほどとされていて、期間が大きく違ってきます。これらのリハビリテーションで行われるリハビリの期間に関しては、国が定めたものです。この規定に当てはまる場合と、そうでない場合があるのは個人差があるからです。作業療法士は個々にあったリハビリを医師の指示によってサポートしながら行っていきます。 前向きに日々リハビリを行っていく事で、回復するペースが人によって違いますし改善されるスピードも違います。しかし改善という目的は期間は関係なく行うものです。

メインメニュー